2007年11月06日

<坂田健史>防衛戦の相手候補に亀田興、内藤らの名前挙げる 11月5日17時58分配信 毎日新聞

banner_02.gif
★世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ(4日)で2度目の防衛を果たした同級王者、坂田健史(27)=協栄=が5日、東京都内の協栄ジムで一夜明け会見をした。

 同級2位、デンカオセーン・カオウィチット(タイ)と引き分けた前日の激闘を物語るように、両目上にばんそうこうを張り、左目下はあざ。「今後もベルトをしっかり防衛していきたい。日本のフライ級が盛り上がっているが、自分が中心にいることをアピールしたい」と、一層の精進を誓った。

 金平桂一郎・同ジム会長は今後の防衛戦の相手候補として、同級1位の亀田興毅(協栄)、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の内藤大助(宮田)、WBC同級前王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)、デンカオセーンの名前を挙げ、「面白いカードを組んでいきたい」と述べた。【来住哲司】

 ○…金平会長はこの日の朝5時半ごろにメキシコ滞在中の亀田興に電話し、坂田の防衛を伝えたことを明かした。「興毅は『おめでとうございます。(アマチュアの試合で弟の)和毅は勝ちました』と言っていた」という。坂田と亀田興との同門対決にはボクシング界内に反対の声があり、すんなり実現できない事情がある。亀田興とは頻繁にメールや電話で連絡を取り合っているといい、金平会長の42歳の誕生日だった3日には「おめでとうございます」とメールが来たという。「心遣いができるし、頭のいい子。世界2階級制覇を達成させ、周りから尊敬されるアスリートにすることが私の責任」と強調した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071105-00000054-mai-spo
posted by 亀 at 07:00| Comment(40) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。