2007年10月25日

亀田 興毅「自分が詫びる」

プロボクシング世界戦での反則行為で亀田大毅選手(18)=協栄=らが処分された問題で、協栄ジムの金平桂一郎会長は25日、記者会見を行った。金平会長の会見での主なやりとりは以下の通り。
★謝罪の詳しい内容はこちら!!★


          ◇
 金平会長 明日(26日)午前9時から亀田興毅と私が記者会見を開く。興毅が亀田家を代表しておわびする。処分は明日発表する。今日、史郎氏と興毅と話をした。大毅は姿は見せなかった。『このたび非常にたくさんの方々にご迷惑をかけたことを伝えてほしい』というので、『亀田家としてもう一度おわびをするべきではないか』といったら、興毅が『亀田家の代表として私が出席するので会長も同席をお願いします』といわれた。
 その会見で協栄ジムとしての処分を出す。亀田家はいかなる処分も甘んじて受けるといった。史郎氏は深く反省していた。(反則の)指示について、問いただしたら「いいわけはするものじゃなかった」ということがよく分かった。「ああいう会見はよくない、不信をかえって招いた」と反省していた。同席をしていた私としても改めておわびを申し上げる。
 反則をしたということに対し、史郎氏は「制御しなかったことはすべて自分のせいである」といっていた。興毅も同じだった。「今でているコミッションと協会からの指示、命令はすべて受け入れる。その上で、会長に改めての処分を一任する」ということだったので、私はいったん持ち帰り、重く受け止めて明日、興毅と同席の上で発表する。

★謝罪会見の詳しい内容はこちら!!★


 −−史郎氏が引退する可能性は
 金平会長 相当深い覚悟があると思いました。
 −−(反則の)指示をしたと事実関係を認めたのか
 金平会長 「一切言い訳はできません」といっていました。
 −−会長としては史郎氏が事実を認めたと思ったか
 金平会長 いいわけをしないということは、どういうことかということですね。いいわけをしないというのだから、それ以上追及もしない。
 −−興毅から会長にいったことは
 金平会長 「このたびは本当に申し訳ないことをいたしました。甘んじて今でている処分、皆様からの批判は受けます。明日自分が出席しておわびを申し上げたい」といっていた。
 −−亀田家サイドから希望とか要請とかはあったか
 金平会長 「大毅は非常に今落ち込んでいるので、一日も早く元気に練習できるように会長もバックアップしてもらいたい」と。「この現実が受け入れられるか」と聞いたら、「受け入れる」といったのでその言葉を信じたい。
 −−この話し合いを受けて会長はどんな気持ちか
 金平会長 第一歩からの出発だと思っている。
−−今、亀田ジムで練習させない、それと協栄ジムで練習させるという条件がでているが、会長自身は何か条件をだしたのか
 金平会長 協栄ジムで練習をしなさいといったら、毎日通いますといった。史郎に関しては「セコンドつけませんよ」といったら「もちろんです」といった。

 −−これまでのパフォーマンスや態度について会長はなにか要請したか
 金平会長 「厳しい批判はあるよ」と興毅にいった。興毅も父もうなずいていた。亀田家流といわれているパフォーマンスで盛り上がっている部分といかにメリハリをつけていくかについては、これからやっていかなければならない問題である。まだそういう段階ではなく私が処分をする、受けるという入り口の入り口の段階。

 −−史郎氏が出てこなくても、興毅が出ることで亀田家として謝罪したことになると受け止めているのか
 金平会長 史郎は重い決断をしたと思う。史郎が謝罪をしないのであれば、どういうことになるかということは申し上げた通りだ。ボクシングをこれから続けていくに当たって必要であろうということも申し上げている。

 −−これまでの2年半のかかわりの中で、今日の史郎の表情とかは会長はどのように受け止めたか
 金平会長 深刻な様子だった。「会長かばってください、助けてください」という感じもあった。かばうではなく、受け入れるか、受け入れられるかという問題だと話した。

 −−興毅はどうだった
 金平会長 言葉数は少ないが、長男として責任を重く感じてるな、と思った。

 −−大毅の日常生活はどうか
 金平会長 部屋に閉じこもって憔悴(しょうすい)している。私は顔をのぞくとかをしなかった。

 −−興毅と大毅の共栄ジムとの契約関係はどうするのか
 金平会長 それは明日申し上げる。

 −−史郎氏は前回と今回でいっていることが違う。前回はないといい、今回は認めたが
 金平会長 あるまじき行為である。

 −−興毅に対する批判もあるが
 金平会長 興毅も私もいいわけはしませんといった。協会から出ている厳重注意処分に加え、(ジムとしても)何らかの処分をせよとの声がありますので、その声に応えて処分を決める。

 −−会長は指示があったという前提で処分を下すのか
 金平会長 処分の理由は明日話す。共栄ジムでボクシングを続けていけるかどうかについても明日話す。

 −−史郎氏は出てこないのか
 金平会長 いいわけはしません。興毅が亀田家を代表して謝罪します。

posted by 亀 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62413113

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。