2007年11月05日

変わらない亀田一家したたかさ…報道対応が軟化のワケ

banner_02.gif
★世論の風向きを変えるため、亀田プロモーションも方針の変更を図っているようだ。

 在京キー局の関係者はこう苦笑した。「31日夜、亀田プロから連絡があり、翌日にこちらが和毅の話題を放送すると知ったら、向こうから『史郎さんのコメントを出しましょう』といわれた。亀田一家の大阪時代の映像も使っていいといわれたので、なんでそんなに態度が変わったのかと、最初は驚きました」

 1日の各局の情報番組では、史郎氏が兄弟に「人さまには迷惑をかけるな」「礼儀正しくせなあかん」などと説教をしている過去の映像が流れ、史郎氏が騒動後、和毅に「今の流れを変えろ。和毅にかかっているぞ。頑張れよ! そう言ってプレッシャーをかけた」と話したエピソードなどが紹介された。

 前出の関係者は「過去の映像使用については基本的に『バッシングの材料として使うのはNG』という条件がつけられている。こちらも亀田の話は視聴率がとれるので、ある程度妥協する部分あるんです」とも話した。

 協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は「毎日、興毅と話をしています。それは十分な進化だと思います」と強調しており、これまで、ほとんど意思の疎通ができない状態になっていたジム側と亀田家の連携プレーもできる状態になっているようだ。

 格闘技ジャーナリストの片岡亮氏は「興毅への世間の風当たりが弱まり、まだまだ注目度が高い今の状況を積極的に利用して、一家のイメージ回復や、来年にプロデビューを控えた和毅のプロモーションをしようという考えになったのだろう」と指摘する。

 アマチュアの和毅の売り出しについても、一連の騒動が勃発するまではメキシコの一つの地方大会でしかないアマ大会をメキシコ最高峰の大会とPR。そこで和毅が負けると関係者の猛抗議で無効試合にしてしまった。無敗神話をメキシコで作り、デビュー前に商品価値を高めるのが狙いだったとみられる。

 それが騒動後に片岡氏が亀田プロに確認すると「通算4勝2敗で、そのうち1勝1敗分は大会の戦績ではなく、オープンな練習試合と言い出した」という。目の届かぬメキシコの地方大会でも“偽装”を貫き通せる状況ではなくなったということなのだろう。

 だが、興毅応援で注目を集める3日、メキシコシチーの試合で和毅が完勝するシーンが日本に届けば、それこそ史郎氏のいう通り、「流れが変わる」かもしれない。変わらないのは、一家のしたたかさだ。


zakzak
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_11/g2007110208_all.html
posted by 亀 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

TBS・井上社長「反省」連発も謝罪せず…亀田戦続ける

 banner_02.gif「亀田3兄弟」の二男、亀田大毅(18)が反則を連発したプロボクシング世界戦を中継したTBSの井上弘社長(67)は1日、東京都港区の同局で行われた定例会見で「亀田選手サイドの反則行為によって、残念な試合になったことは遺憾に思う」と述べた。会見では「彼らの言動の取り扱いなど配慮に欠けた」などと、「反省」の2文字を連発した一方で、今後も亀田戦中継や特番を「視聴者も興味がある」として放送する意向を明らかにした。

★こちら!!★





 軽い笑みを浮かべて会見場に入ってきた井上社長だが、すぐに、厳しい表情に変わった。

 先月11日に中継したWBC世界フライ級タイトルマッチに関する質問が相次ぐ。井上社長は“応戦”状態で、耐える一方だ。

 試合直後から約1500件もの苦情が視聴者から寄せられたことについて、同社長は「TBSとしては際だったキャラクターの亀田親子、兄弟のボクサーとしての才能に着目し、ボクシングの人気を高めることを目指してきたが、お父さんを含め彼らの色々な言動に対して配慮に欠けるところがあった。この点に関しては、十分に反省すべき点があり、指摘、意見は真摯(しんし)に受け止め、今後のスポーツ番組に生かしたい」と、まるで、原稿を読み上げるように“答弁”。謝罪の言葉はない。

 さらに、身内といえる、TBSの番組にかかわるテレビコメンテーターや有名タレントまでもが、実況内容が“亀田びいき”だと批判したことに、「番組を制作したスタッフやアナウンサーに対し、その個人の資質などについての指摘、批判が続いているが、責任はTBSひいては、トップの私が負うもの。その点に留意し、配慮をお願いしたい」と反論。同席したTBSテレビ専務取締役、編成制作担当石原俊爾(いしはら・としちか)氏は、「スタッフもアナウンサーも一方的に(ひいきを)やろうと思ってやったわけではない」とかばった。

 会見の中では、両氏とも「反省すべき点は反省したい」と『反省』を連発。だが、実のところ、「亀田家」「亀田3兄弟」は同局にとって、高視聴率を稼げるドル箱。世界戦の中継に批判が相次いだ直後の先月18日に放送予定だった、同戦の舞台裏を追ったドキュメンタリー番組は放送中止としたものの、今後、イメージチェンジをはかる同家への期待は大きい。

 石原氏は「(一家、兄弟が)どう変わっていくかは、わたしも興味があるところで、皆さんも興味があると思う。色々な条件が整い、再起できるようになったら、当然そういうこと(中継放送)になると思う」。亀田家との関係を維持するTBSの決意表明に、繰り返された『反省』の言葉はむなしく響いた。。

★こちら!!★


★TBSに聞く

 −−亀田一家を増長させたという批判があるが?

 石原専務 「行き過ぎた言動に批判が集中しているが、ああいったパフォーマンスは(頼んで)やってもらったものではなく、自分たちの発案でやっていた。スタッフも『過激で良くない』などと注意喚起はしたが、結果として努力が足りなかったのではないかと反省している」

 −−ショーアップが強すぎるのではないか?

 石原専務 「常識の中であればパフォーマンスがあってもいいと思う。三度笠をかぶって出てきた人(ガッツ石松)もいますから」

 井上社長 「(二男の大毅が)歌っているのは、リングの中で歌っているのだから、協会も許可したということ」

 石原専務 「歌を歌ってと(TBSが)頼んだわけではない」

 −−実況アナの亀田びいきについて?

 石原専務 「会社として(一家を)盛り上げてきたことが、そうさせたこともあるかと思う。会社として反省したい」

 −−今後の亀田戦の中継については?

 井上社長 「我々は再出発を温かく見守って、若い選手が頑張る、と言っているのを、ダメということはない」

 石原専務 「兄貴の興毅は殊勝に反省している。どう変わっていくか取材はしていくと思う」

他局の反応は。

★こちら!!★


★4日本

 日本テレビの久保伸太郎社長(63)は先月29日の定例会見で亀田問題に触れ、「スポーツは生中継にも最も向いているソフト。それを育てていこうとした、TBSさんの判断は責められない。メディアの皆さんも(人気に)乗ろうとしたはず」と、TBSを擁護していた。


★8フジ

 フジテレビの豊田皓社長(61)は、TBSの“亀田偏向”について先月26日の定例会見で、「放送局はフェアな戦いを視聴者に提供することが大事。個人的な感想だが、亀田親子は見ていて気持ちが良くない、との感じを持っていた」との見解を示している。


★12東京

 テレビ東京の島田昌幸社長(62)は先月25日の定例会見で、TBSの姿勢を「視聴率的には大成功でも、それでいいのか。メディア側にも責任がないとは言えない。そういう意味では猛省して欲しい」と批判した。

サンスポhttp://www.sanspo.com/geino/top/gt200711/gt2007110200.html
posted by 亀 at 23:18| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

TBS、亀田問題で謝罪 中継は続行

banner_02.gifプロボクシング世界戦の反則行為により、亀田大毅選手らが処分された問題で、試合を中継したTBSの井上弘社長は1日の記者会見で「ルール違反で残念な試合になり遺憾に思う。視聴者からのご意見、ご批判を真摯(しんし)に受け止め、今後の番組作りに反映させたい」と謝罪した。今後の試合については、中継を続行する方向で、亀田兄弟が所属する協栄ジムと交渉していく意向を示した。

 TBSには、視聴者から「実況や解説のコメントが亀田寄りだ」などの苦情が数千件寄せられた。井上社長は「大変才能のある選手で、一家の存在感を強調する余り、彼らの言動の取り上げ方に、反省すべき点があった」と語った。一方、「批判については個人のアナウンサー、スタッフが責任を負うものではない」とも述べた。
アサヒ.COM
http://www.asahi.com/culture/update/1101/TKY200711010333.html
posted by 亀 at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

【BOX】亀田父“院政”体制へ…今後も3兄弟の背後で影響力

banner_02.gif11日のプロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチで亀田大毅(18)が反則行為を繰り返した問題で、26日に協栄ジムのスタッフを辞任した父・亀田史郎氏(42)が、3兄弟の個人事務所の株式会社「亀田プロモーション」代表取締役社長として活動することが27日、分かった。

 亀田プロは昨年7月、3兄弟の芸能活動などをマネジメントするために設立し、本格的な活動を行っていないのが実情。長男・興毅(20)と二男・大毅は協栄ジムへの残留が決まり、史郎氏は2人への指導を禁止され、マッチメークの権利も失った。だが、今後も息子のリング外での活動や関連グッズの管理などを行うという。人気ブログランキングへ

 来年7月のプロデビューを目指す三男・和毅(16)の指導は継続する。アマチュアの和毅は日本ボクシングコミッション、東日本ボクシング協会の管轄外にあるため、父と息子の関係で指導することができる。プロボクシング界から追放された史郎氏だが、興毅と大毅を管理し、和毅は自力で育成。3兄弟の背後で“院政”を敷く。
★院政って?★




★興毅の世界戦は考えられない

 協栄ジムによる亀田家への処分発表と興毅の謝罪会見から一夜明けた27日、東京・葛飾区の亀田家は、これまで通りカーテンが閉じられ、人の出入りもなかった。

 協栄ジムの金平桂一郎会長(41)は前日に続いてテレビ番組に出演し、亀田家の騒動についての謝罪、釈明を行った。金平会長は「今の状態で、興毅の世界戦の予定は考えられない。まずは練習を再開させることが重要」と話した。
詳しくはサンスポ.COM
http://www.sanspo.com/fight/top/f200710/f2007102802.html
ラベル:亀田
posted by 亀 at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

亀田興がJBCに謝罪

 日本ボクシングコミッション(JBC)は18日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦(11日)で亀田大毅(協栄)が反則行為を繰り返した問題で、試合のセコンドについた兄の亀田興毅(協栄)がJBCに対し、電話で「今回の件を厳粛に受け止め、陳謝いたします」と謝罪したと発表した。
 亀田興はJBCから「セコンドとして不適切な指示があった」として厳重戒告処分を受けている。同選手は17日に亀田大と父親の亀田史郎氏が記者会見した後、無言だった亀田大に代わり謝罪の談話を発表していた。

posted by 亀 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

内藤陣営、再発防止求める


★ケガは早目の処置が必須?★

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで亀田大毅(協栄)が反則を繰り返した末に敗れた問題で、対戦したチャンピオンの内藤大助(宮田)が15日、東京都内の日本ボクシングコミッション(JBC)に出向き、再発防止を口頭で要望した。また、同ジムの宮田博行会長名で要望書を提出し、今回の件を調査した上でWBCに報告するよう求めた。
 内藤はJBCに統括機関として選手管理の徹底と公正な試合実施を求めた。亀田大の処分については具体的な要求は避け、JBCに委ねた。
 宮田会長は、肉親がセコンドに就くことを禁じているWBCの規定があるにもかかわらず、JBCが亀田大の父親の亀田史郎氏と長兄の亀田興毅(協栄)のセコンド入りを容認したことを問題視。試合開始前のレフェリーチェックの際に同氏が内藤を威嚇する言動があったことなどを挙げ、ルールの徹底を求めた。
 11日に東京・有明コロシアムで行われた試合で、亀田大は内藤を持ち上げて投げつけるなどの反則を犯し、12回に3点減点。試合全般を通じグローブで目を突くサミング、太ももを打つローブローなどを繰り返した。 (了)
★それにしても内藤傷大丈夫?★

posted by 亀 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

内藤陣営が“亀田パパ追放作戦”


★気になるのはここなんです★

WBC世界フライ級王者・内藤大助(33=宮田)陣営が“亀田史郎氏外し”に乗り出す。内藤と宮田博行会長(40)が、15日に日本ボクシングコミッション(JBC)を訪れ、親族がセコンドに付くことを禁止したルールの徹底を求める要望書を提出することを決めた。将来的な亀田3兄弟の長男・興毅(20=協栄)との防衛戦を見据え、まずはセコンドからの史郎氏の“追放作戦”に打って出る。 【内藤VS大毅プレーバック】

 ボクシング界からの追放は免れても、リングサイドからは“追放”してもらう。この日、東京・葛飾区のジムで指導にあたった宮田会長は「15日に内藤とJBCに出向きます。家族がセコンドに付くことを禁じたWBCルールが今後の防衛戦で徹底されるよう再度、お願いするつもりです」と語った。

 10日のルールミーティングで、内藤陣営はセコンドに親族が付くことを禁じたWBCルール第38条の適用を強く主張した。だが、国内では元WBC世界フェザー級王者の越本隆志と、父・英武会長らの前例があるとしてJBCに却下された。ところが試合直前のリング上で、史郎氏が内藤に詰め寄り威嚇(かく)するハプニングが発生。宮田会長は「恐れていたことが起こってしまった感じ。内藤に動揺が見えたし、二度とあってはならないこと」と不退転の決意をにじませた。

 12日の会見で内藤は「こんなに反則があるなら、もう亀田とはやらない」とすでに“絶縁”宣言している。ただ、JBCでは史郎氏をはじめ亀田兄弟にライセンス停止などの処分を科すことが濃厚なだけに、亀田サイドが心を入れ替えれば話は別だ。

 王者が33歳と高齢なこともあり、宮田会長は「早いうちにビッグマッチを実現してやりたい。そうなると興毅君しかいない」と言う。次戦は前王者のポンサクレック(タイ)との再戦が決定的だが、独り立ちした興毅との日本人対決が実現すれば、大きな話題を呼ぶことは間違いない。思惑通り、史郎氏に子離れさせることができるかどうか――。
[ 2007年10月14日付 紙面記事 ]

★減量はこのプログラムだそうです★

posted by 亀 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。